2016年8月17日水曜日

許嫁


おいらみたいなデカい犬がお行儀よく散歩していると
道行く犬好きの人たちがよく声をかけてくれる。
まだパピーヘアが残っていて、見る人が見ればまだ子犬だってわかるだろ?
みんな、おいらに興味津々なんだ。



「いい犬だね。名前なんていうの?」

ありがとう!タローっていうの。

こんな会話が毎日のように繰り返されるんだけど
ここはカナダのバンクーバー。
タローって聞いたら、誰もがタロ芋だと思うんだ。
エラい名前を付けられたもんだぜ、おいらも。

そこで母ちゃんは考えた。

ありがとう!タローって言うのよ。
日本のサムライの名前なの。

これが欧米人には大ウケで、顔なじみの人たちの間ではすっかり

Taro the SAMURAI

で通ってんだ。




そっかー、タローっていう名前はサムライの名前なのかぁ。

いや、別にそうとは限らないんだけどね。

え?

いいじゃん、細かいことは。
サムライにもタローっていう人がいるんだから。

・・・・・・・・・。




おいらの母ちゃんは所詮こんな人だ。




そうだ!タロー
母ちゃんね、お前に可愛いお嫁さんを見つけてきたよ。

なんで母ちゃんがおいらの嫁さんを見つけてくるんだよ。
自分の嫁くらい、自分で見つけるよ!

サムライの家の子はみんな父ちゃんと母ちゃんが結婚相手を見つけるんだよ。
お前も人間でいうと元服している年だろ?
それなりのお相手を見つけないとね。

やだよ!母ちゃんの言うこと聞いてロクな目に遭ったことないぞ!

そっかー、じゃあ無理にとは言わないよ。
残念だなー。
ふわっふわの超美人なんだけどなー。
オールジーちゃんって言うんだけど、タローが嫌なら仕方ないねー。



ふわっふわ?

超美人?

オールジー?

漢字で書くと 『居侍』 か?
サムライの嫁にふさわしい名前じゃないか。
まさか 『全爺』 なんてことはないよな?

じゃあ、このお話はお断りしようかね。

そんなにあっさり断ったらカドが立つだろ?
まあ、写真くらい見てやってもいいぞ。

あら、そーお?







・・・・・・・・ もっと見せろや。





拙者、このご縁、快諾つかまつり候!





ペット(犬) ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿