2016年8月30日火曜日

結納


今日、おいらの許嫁オールジーちゃんの母ちゃんがうちに来てくれた。

ふっふっふ

おいらとオールジーちゃんの結納だな、こりゃ。

未来のおいらのお義母さんだから
ファーストインプレッションを良くしておかなくちゃな。

「初めまして!おいらがタローっす!
オールジーちゃんはおいらが幸せにしまーっす!」

元気よく突進していったんだ。

義母さんもおいらを見て喜んでくれた。
よろけそうになったのは気のせいだ。

挨拶したら、誠意も見せなきゃいけないだろ?
だから、おいらはお義母さんの顔をベロンベロンに舐めた。

「お義母さん、今晩はクレンジング不要だよ!」

気が利く婿でしょ?
おいらの誠意、通じたかな?

お義母さんがおいらの頭を優しく撫でてくれたから
おいらもお礼に、お義母さんの頭をかじかじしてあげた。

おいらの最大級の返礼だったのに

「雷 フリー画像」の画像検索結果

なぜか、母ちゃんのカミナリが落ちた。


お義母さんの帰り際、母ちゃんがお義母さんに結納品のきゅうりをあげた。
今朝、うちの庭で穫れたやつね。

「なんで、きゅうりなん?
普通はするめとか昆布とかじゃないの?」

サムライの結納だろ?
きゅうりを輪切りにすると、ほら!

「徳川 家紋 フリー素材」の画像検索結果

徳川の家紋になるだろ?

「ホントだ!うちは徳川の流れを引くんだね!」



・・・・・・・いや、全く。




ペット(犬) ブログランキングへ

2016年8月29日月曜日

誰がための安楽死


おいらの母ちゃんは猫の母ちゃんだったこともある。
生後2か月で母ちゃんの元に来たその猫は19歳で亡くなった。
母ちゃんが40歳の時だから、その時点で母ちゃんの人生の約半分を共に暮らしたことになる。
ずーっと一緒にいたから、母ちゃんはこれからもずーっと一緒にいられると
何となく、でも当たり前のようにそう思ってたんだ。

「キジ猫 フリー画像」の画像検索結果

ある日、その猫が元気がなくなって病院に連れて行ったら
もう癌が全身に転移していて、内臓も体内で溶けちゃっていて
どうにも手の施しようがなかったんだって。
その時母ちゃんは愕然としたんだ。
親兄弟の次に長い時を過ごした一番の親友の最期を何も考えていなかった自分に。

突然突き付けられた『安楽死』の問題に、母ちゃんはどうしたらいいかわからなくて
『安楽死』を提案した担当の獣医さんに聞いたんだ。

「この子はあまり動かないし、表情もいつものままですが
痛いんでしょうか?苦しいんでしょうか?」

痛みも苦しみも麻痺しているようなステージですね。

「それでも安楽死させた方がいいんでしょうか?」

それは親御さんのご意志次第ですね。

「私は自分のことに置き換えて考えてみても、どうしたらいいかわからないんです。
もし、先生だったらどうされますか?」

私は職業柄安楽死を否定できない立場にありますが
毎日多くの動物たちを見て来て思うことを正直に申し上げるならば
動物は皆、最後の最後まであがこうとするんですよね。
死を悟っていても、それでもあがくんです。
私には、それは動物たちが
自分の生を全うさせようと最後の力を振り絞っている
ように見えるんです。
それしか申し上げられません。

この時、母ちゃんの中に何かがすーっと落ちてきた。
どうするべきか、はっきりしたんだ。
命の尊厳は痛覚だけにあるわけじゃない。
この子が自分の生を全うさせることを邪魔するのはやめようって。
安楽死はこの子が生を諦めたいほどの苦しみに襲われたら、その時にきちんと介錯人としての覚悟を決めて行おうって。

最近、おいらの周りでは

飼いきれなくなったから安楽死 とか
捨てて、野生動物に食べられるよりは安楽死させる方が人道的 とか
そんな話をよく聞くんだ。

『人道的』って言葉の使い方がおかしいだろ。

ああ、そうか。
『安楽死』って、飼い主を安楽にするためにおいらたちが殺されるって意味もあるんだね。







ペット(犬) ブログランキングへ

2016年8月24日水曜日

タロー先生のありがたい講釈 その4


犬や猫って、自分のことが好きな人とそうでない人がわかるって言うだろ?
あれ、ホントなんだぜ。
人間だけじゃなく、哺乳類動物に相対すると、相手が敵か味方かすぐにわかるんだ。
便利な機能だろ?

なんでわかるかって言うとね、哺乳類動物は刺激を受けると
その刺激に対処するためにホルモンが分泌されるんだ。

わっ!この犬デカい!怖いな、嫌だなって構えるとアドレナリンが

うわーっ、可愛い!ハグさせて!って思うとオキシトシンが分泌されて

それらのホルモンが体臭を変化させるんだ。
人間自身は気がついてないだろ?
哺乳類の中でも、人間っていうのはかなり知覚的に鈍感な生き物なんだぜ。
ところが人間以外の哺乳類動物は大概その変化を嗅覚で物理的に嗅ぎ取るんだ。

コイツは敵なのか?それとも味方なのか?

おいらたちは鼻で嗅ぎ取り、本能で判断する。
ホントは犬が好きじゃないのに「うわーっ、可愛い!」って近寄っていきなり噛まれた
なんて話をよく聞くだろ?
オレはお前の敵だっていう臭いをプンプンさせていきなり触れば、そりゃ犬は噛むさ。
ヘラヘラ笑って近寄ってくる敵って怖いだろ?
おいらたちに嘘は通用しないんだぜ。
人間はこの嗅覚と引き換えに嘘をつく能力を手に入れたんだな、きっと。
お気の毒様だな。

一方で、犬を見るとオキシトシンが大量に分泌される体質の人もいてね
その臭いを嗅ぎつけると、犬は尻尾を振って近づいていく。
近づいて、味方だということが五感で確認出来たら、もう離れない。
そういう人を主人に持った犬は本当に幸せなんだ。
自分が愛されていることを、毎日鼻で確認出来るんだもんな。

昨日ね、母ちゃんのワンコ道の先生、美重子さんがうちに来てくれたんだ。
美重子さんに挨拶した途端、匂いが変わったんだ。
母ちゃんと同じオキシトシンの匂いがした。
全身が「タロー君にまた会えて嬉しいわ!」って言ってくれた。
おいら、もう大興奮!
今日は美重子さんのワンコのギャリー君とポリー君もいないから
おいらははっちゃけまくって、美重子さんを独り占め。
母ちゃんに叱られるまで全身全霊で甘えまくったんだ。

人間は他人には嘘はつけても
自分の体と犬は騙せない。


はい、今日の講義の結論ね。



犬が苦手な人は無理に犬に近づかないこと。


犬が人を噛む時は、実は犬の方が怯えているんだ。
怖いから噛む。
怖いから攻撃する。
そしておいらたち犬は危険犬のレッテルを張られたり
最悪の場合、殺処分にされる。

嘘をつくのは人間同士だけにしといてくれよな。


じゃんじゃん。




ペット(犬) ブログランキングへ

2016年8月17日水曜日

許嫁


おいらみたいなデカい犬がお行儀よく散歩していると
道行く犬好きの人たちがよく声をかけてくれる。
まだパピーヘアが残っていて、見る人が見ればまだ子犬だってわかるだろ?
みんな、おいらに興味津々なんだ。



「いい犬だね。名前なんていうの?」

ありがとう!タローっていうの。

こんな会話が毎日のように繰り返されるんだけど
ここはカナダのバンクーバー。
タローって聞いたら、誰もがタロ芋だと思うんだ。
エラい名前を付けられたもんだぜ、おいらも。

そこで母ちゃんは考えた。

ありがとう!タローって言うのよ。
日本のサムライの名前なの。

これが欧米人には大ウケで、顔なじみの人たちの間ではすっかり

Taro the SAMURAI

で通ってんだ。




そっかー、タローっていう名前はサムライの名前なのかぁ。

いや、別にそうとは限らないんだけどね。

え?

いいじゃん、細かいことは。
サムライにもタローっていう人がいるんだから。

・・・・・・・・・。




おいらの母ちゃんは所詮こんな人だ。




そうだ!タロー
母ちゃんね、お前に可愛いお嫁さんを見つけてきたよ。

なんで母ちゃんがおいらの嫁さんを見つけてくるんだよ。
自分の嫁くらい、自分で見つけるよ!

サムライの家の子はみんな父ちゃんと母ちゃんが結婚相手を見つけるんだよ。
お前も人間でいうと元服している年だろ?
それなりのお相手を見つけないとね。

やだよ!母ちゃんの言うこと聞いてロクな目に遭ったことないぞ!

そっかー、じゃあ無理にとは言わないよ。
残念だなー。
ふわっふわの超美人なんだけどなー。
オールジーちゃんって言うんだけど、タローが嫌なら仕方ないねー。



ふわっふわ?

超美人?

オールジー?

漢字で書くと 『居侍』 か?
サムライの嫁にふさわしい名前じゃないか。
まさか 『全爺』 なんてことはないよな?

じゃあ、このお話はお断りしようかね。

そんなにあっさり断ったらカドが立つだろ?
まあ、写真くらい見てやってもいいぞ。

あら、そーお?







・・・・・・・・ もっと見せろや。





拙者、このご縁、快諾つかまつり候!





ペット(犬) ブログランキングへ

2016年8月11日木曜日

ふわーっ


飯食って、たくさん遊んで、骨をかじる。
おいらの1日を要約すると、まあ、こんなもんだ。

日もとっぷりと暮れて、まだちょっと遊び足りないんだけれど、眠い・・・
そういうジレンマに襲われると、おいらは父ちゃんの足を枕にして遊ぶんだ。

「タロー、お前重いぞ!」


知ったこっちゃねーよー。
笑って文句言ってる時の父ちゃんは怖くないって、おいら知ってるんだぜ。

おいらの父ちゃんの足は特別なんだ。
父ちゃんの足の規則正しい静脈の音は魔法の呪文でさ



トックン トックン トックン トックン トックン トックン



っていうリズムに体と心を預けていると
体がふわーってなってきて
おいらがまだ母ちゃんのお腹の中にいた頃に戻っていくんだ。
偽大和撫子のおっかねー母ちゃんじゃねーぞー。
4本足で毛が生えている優しい方の母ちゃんだ。
すごく気持ちがいいんだけど
いつも、そこから記憶がなくなるんだよな。



しばらくして目を開けると
おっかねー方の母ちゃんがおいらを優しい目で見てるんだ。

それを見て、おいらまた、ふわーっ

やべー、やべー
また、母ちゃんの忍術にはまるところだったぜ。
ペット(犬) ブログランキングへ