2018年7月18日水曜日

初めてのお泊り


誰にも知られないようにしていたおいらの誕生日。
思いがけずたくさんの皆さんから「おめでとう」の言葉をいただいちゃった。
おっかしいなー。
あんなに秘密にしてたのに、なんでわかっちゃったんだろー?


おいら、皆さんにお返事を書きたいんだけど、ブロサーのリコメ機能があぼーんしてるから書けないんだよ。
おいらが3歳になったことを喜んでくれた皆さん、本当にありがとう。
リコメに代えて、心からお礼申し上げます。

おいらは3歳になったお祝いにお出掛けに連れて行ってもらったんだ。


英語でkennelとかdog's boarding houseっていうんだけど、おいらみたいな犬が常時何十頭もいるんだ。犬専用のホテルだな。
ここで過ごすと犬は家に帰りたがらなくなるって評判のホテルなんだ。

入り口で母ちゃんが手続きをすると、おいら好みのとっても可愛いお姉ちゃんがおいらのリードを持って館内を案内してくれたんだ。
父ちゃんと母ちゃん、Codyの家の人以外の人にリードを引かれて歩くのは初めてのことだから、おいら嬉しくってさ。
ニコニコしながら館内を進んでいったんだ。
わーい!母ちゃん見て見て!プールがあるよ!
って、後ろを振り返ったら、母ちゃんがいないんだ。
父ちゃんもいない。

なんでだよ・・・。
置いていくなんて、ひどいじゃねーか!







お前ら、おいらをここに置いて、2人で飲茶なんかしてねーよな?


左上の黒いの何?って?
これのことか?


これは流沙包っていってな、炭で色を付けたフカフカのバンズの中に、卵黄と練乳のソースが入ってるんだ。
ほら。


って、なんで、母ちゃんが流沙包を抓んでんだよ!

実は今日、バンクーバー周辺に高温警報が出たんだ。
おいらが住んでいるところは、バンクーバーエリアの中でもかなり南で、バンクーバーダウンタウンより常に2~4℃気温が高い。
今朝は日の出前に散歩に行ったんだけど、もうハアハアがヤバくてさ。


心臓がガボガボするんだよ。
ここ、本当にカナダなのか?

バンクーバー周辺のほとんどの家にはクーラーがない。
うちにもない。
今まで必要だと思ったこともなかったけど、今年は犬種によっては命に関わるほど暑いんだ。
夜も寝苦しくて、おいらの昨夜の呼吸に母ちゃんが焦ってさ。
だから、社会化訓練を兼ねて、空調の効いたホテルに避難させてもらったんだ。

おいらが父ちゃんと母ちゃんの子になってから、これが初めての外泊。
暑いのも嫌だけど、父ちゃんと母ちゃんがいないのも困るんだよな。
明日は家に帰れるかな。








皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2018年7月17日火曜日

7月16日 今日は何の日?


今日はカナダの7月16日。
今日という歴史に残る素晴らしい日を、みんなはどういう風に祝ったかな?


え?何もしてないって?
え?今日は何の日かって?
お前ら、正気か?

今日は予言者ムハンマドが定めたヒジュラ暦の元旦。
そして、1582年のこの日、清洲会議が開かれたんだぜ。
1898年のこの日に明治民法が制定され、この日から日本の夫婦同姓が法律で定められたんだ。明治時代以前は日本も夫婦別姓だったんだよ。
ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ディマジオがメジャーリーグ新記録となる56試合連続安打を達成し、超音速によるアメリカ大陸東西横断が初めて行われたのもこの日。
1993年のこの日には、当時日本一の高さの横浜ランドマークタワーが完成したんだ。
そして、桂文枝師匠とあの偉大な犬の誕生日だ!


おいらは奥ゆかしいから、誰とは言わねえけどさ。
3歳におなりあそばされたらしいぞ。





皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2018年7月14日土曜日

隠れカナダ名物


おいらが住んでいるカナダという国は自然豊かで大きな国なんだけど、名物がメイプルシロップと鮭しかない。
と、世界中の人に思われている。

実はまだまだあるんだぜ。
カナダ名物、ブルーベリー!


ブルーベリーの生産量では、カナダは世界第二位なんだ。
その旬がもうすぐ終わる。
旬の終わりのブルーベリーは味が濃いんだ。
だから、父ちゃんと母ちゃんは毎年この時期になると、ブルーベリーを大量に買い込んで洗って冷凍する。
上の写真で約5kg。

これを3箱、合計15kg、毎年決まったブルーベリー農園で買うんだ。


15kgで今年は$66(日本円:約5000円)。
これで、おいらと父ちゃんは1年中ブルーベリーが食べられる。
甘味と酸味のバランスがよく、ちょっとジンの香りがするカナダBC州のブルーベリーは人気が高いんだ。
日本にも大量に輸出してるんだぜ。

そして、もう1つ。
カナダに来る日本人には是非食べてほしいジャパドッグ(Japadog)。


バンクーバーに住む日本人夫婦が屋台から始めた日本風にアレンジしたホットドッグ店だから、バンクーバー周辺の路上やキッチンカーでの営業が主体なんだけど、味は超高級だぞ。
おいらの父ちゃんと母ちゃんはジャパドッグの露店を見たら10回に9回は買っちゃう。

一番人気はコレ!
KUROBUTA TERIMAYO


照焼風に焼いた黒豚の粗びきソーセージにマヨネーズをかけて刻み海苔をトッピング。
父ちゃんはいつもこれを2つ食べる。
たかがホットドッグと侮るなよ。
これは『世界で死ぬまでに食べたいBEST100』に選ばれたんだぜ。

母ちゃんのおススメはコレ!
OROSHI



絹ごしのあっさりしたソーセージに大根おろしを乗せてしょうゆをかける。
なんでもジャンボサイズのカナダだから、これくらいあっさりしてると女性でも食べやすいんだって。

20種類を超える和の風味を利かせたオリジナルホットドッグは、あっという間にバンクーバーの人たちを魅了して、2008年にはBest of Vancouverに選ばれたんだ。
今ではニューヨークやロサンゼルスでも行列ができてるんだよ。

みんなもバンクーバーに来たら、絶対に食べた方がいいぞ!








皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2018年7月13日金曜日

ジャンさんの奥さん


おいらの父ちゃんの釣り仲間にジャンさんという台湾人のやんちゃなお爺ちゃんがいる。
とても優しいお爺ちゃんなんだけど、昔の台湾の教育を受けた人だから、半分旧日本式に出来上がっちゃったお爺ちゃん。
そのせいか、奥さんに対して言いたい放題。
父ちゃんは女性を貶める言動が嫌いだから、よくジャンさんに注意する。
あんたの一番の財産はこの奥さんだよって。

ジャンさんはしょっちゅう人と衝突するんだけど、おいらの父ちゃんには頭が上がらない。
3年前に鮭釣りで、川で溺れて死にかけたジャンさんを助けたのが父ちゃんだからな。


昨日、父ちゃんと母ちゃんはジャンさんの家に遊びに行ったんだ。
ジャンさんの家には犬が3頭と猫が3匹いるんだ。
どの子もジャンさんと息子たちが拾ってきて、自分では面倒見切れなくて奥さんに押し付けた子たち。

3歳のこの子は拾われた時に、腰の骨と骨盤が砕けてたんだ。


ジャンさんの家に来て、3回手術を受けて、ジャンさんの奥さんの手厚い看病の末、やっと歩けるようになったんだって。
今では、ジャンさんの奥さんの後を着いて回って離れない。

この子は13歳になったんだけど、眼の癌で両目を失明して7年になる。


今年に入ってからは歩くのもやっとの状態なんだけど、この家に他人が入って来ると、体を張ってジャンさん夫妻を守ろうとするんだ。

この子は白内障で半失明状態。


母ちゃんがジャンさんの奥さんとおしゃべりしてると、必ず間に割って入って来る。

あたちのママに変なことしないでね!

って注意してくれるんだ。

おいらの父ちゃんも母ちゃんも、君たちのママに変なことしたりしないよ。
父ちゃんと母ちゃんは君たちのママをとっても尊敬してるんだから。


この家には今までにもたくさんの犬猫が暮らしてきて、ジャンさんの奥さんが毎日手作りの食事を食べさせ、看病して、看取ってきたんだ。
看取る度に、ジャンさんの奥さんは1人で何日も泣く。
辛いし、お金も手もかかるけど、奥さんはどの子も絶対に見捨てない。
最期まで面倒を見て、自分の子どもとして天に送るんだ。

ジャンさんも、奥さんに苦労をかけるとわかっていても、捨てられている犬猫を見ると放っておけなくて家に連れて帰る。
捨てられちゃう子っていうのは大概病気や怪我をしていたり、栄養状態が悪いから、まず獣医に連れて行き、必要な治療をしてあげて、お金はジャンさんが払う。

辛い思いをした子でも、この家に来た子は最期は穏やかな顔で虹の橋を渡っていく。

こういう人たちを偉い人って言うんだって、おいらの父ちゃんと母ちゃんは思ってる。









皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2018年7月12日木曜日

正論は本当に正論なのか?


おいらは昨日の記事で、同じ言葉でもそれを言う立場によって美しくもなれば卑しくもなる場合がある話をしたよな。

→ お前が言うな!


母ちゃんの昔の体験においらは頭が熱くなっちゃって、怒りの記事で終わっちゃって恐縮だったんだけど、おいらがなぜこんなことを書いたかっていうとね。
ブログのお友達のバタなめKENさんのこんな記事を読んだからなんだ。
社会に出てから哲学を勉強したいと思う人の話は、必ず心に刺さるものがある。
哲学犬のおいらは愛読させてもらってるんだ。
たださ、バタなめKENさん。
もうちっとハンドルネームを考えてくれると有難かったぞ。
おいら、リンクするのにちょっとだけ勇気が必要だったじゃねーかw

→ 功利主義は悲しみに暮れる少数派を救えるのか


明らかに傷ついている犯罪被害者家族・関係者がいて、その人たちの気持ちを考えることなく、大檀上からあたかも正論のように物を言う人っているだろ。
正論っていうのは大事だとおいらは思う。
多くの人たちの物の考え方の指針になるからな。
でも、おいらは100%正しい正論っていうものに出会ったことがない。
事実は常に多面的。
誰かにとって正しい事実は、別の誰かにとってはちゃんちゃらおかしい絵空事。

例えば、今回のオウム真理教教団関係者7人の死刑に際して言えば、「どうしてあんな事件が起こったのか彼らの口から聞き出すチャンスを逃した」っていう意見をマスコミはあたかも大多数の意見のように拾っているけど、本当にそうかな?


麻原彰晃を始めとする死刑確定者と彼らの弁護人たちは核心を話さなければ、死刑は延々と延ばせると考えてた。
だから、生きるために口をつぐんだ。
そして間もなく訪れる皇位継承の恩赦を獲得できれば、死刑は永遠に免れることができる。だから、人の口を割ることにかけてプロフェッショナルの検察が20年以上の歳月をかけても、例え彼らが互いに罪を擦り付け合って内輪揉めしても、事件の核心だけは絶対に話さない。そこが自分の命綱だってわかってるからな。

それに、おいらは敢えて聞くけど、なぜこんな事件が起こったかっていう理由はそんなに大事か?
その理由を知ると、何かが変わるのか?似たような事件はもう起こらないとでも?
そもそも事件を起こした理由が事件の核心なのか?
多くの罪なき人たちが殺されたり、母ちゃんのお友達のように人生を狂わされたりした人がたくさん生まれたという事実の方が余程重大じゃないのか?って、犯罪被害者は考えるんじゃないのかな。

→ Mちゃんに会いたい

『憎しみからは何も生まれない』
きれいな言葉だよな。正論のお手本のような言葉だぜ。
でも、これを犯罪被害に遭って苦しんでいる人に向けて言ったら、それは単なる言葉の暴力だってことを覚えておけよ。








皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2018年7月11日水曜日

お前が言うな!


おいらの家にはこんなものがある。
掃除の度に、これをどこに置こうか、母ちゃんが悩むんだ。


置き物か?って思うだろ?
実際、こうやってワインクーラーの上に載せてるから置き物になっちゃってるんだけど


本来これはテーブルだったんだ。
この台の上にサファイアガラスの板が乗っていて、とてもきれいなテーブルだったんだよ。
カナダに来る時、ほとんどの家具は処分したんだけど、これは母ちゃんお気に入りのテーブルだったから日本からコンテナに積んで持ってきたんだ。その時、このテーブルの保険の補償額が70万円。

カナダに引っ越してきた初期の頃、知り合った夫婦がいたんだ。
旦那さんがマレーシア人で、奥さんは日本人×カンボジア人。
いろいろ「おや?」と思うことが多い夫婦だったけど、旦那さんは中国語が話せて、奥さんは日本語が話せるから、これからいい友達になれるといいなと思っていたんだけど・・・。
この夫婦には子どもがいて、当時4歳だった。
うちに子ども連れで遊びに来たんだけど、うちは子どもがいる家じゃないから、子どもの目線で家具を配置していない。親が目を離したらダメだろ?
でも、お母さんはおしゃべりに夢中で、子どものことなんか全く見てない。
父ちゃんが心配して、途中で「ちゃんと子どもを見てて」って注意したんだけど、お母さんはその場だけ子どもを大声で怒鳴るばかりで、3秒後にはまたおしゃべりに没頭する。


そして事件は起こったんだ。
突如、家の中でバズーカ砲が発射されたような音がしたんだ。
階段の下に置いておいたこのテーブルの上に、4歳の女の子が階段の上からダイブしたんだ。
無残に割れるサファイアガラス。
でも分厚いサファイアガラスだから、粉々に砕け散ったりはしないんだ。
そして割れたガラスの上で火が付いたように泣く子ども。
幸い、子どもは無傷。

母ちゃんにとって、本当の事件はこの後起こった。

母ちゃんは当然、この夫婦から謝罪と弁償の申し出があると思ってた。
そして、その時には「仕方ないわよ、子どもがしたことだから」って言おうと思ってた。
でも、そのお母さんから出た言葉は

仕方ないよね。子どもがしたことだから。

お前が言うのか?この言葉www


今まで「おや?この人たちちょっとおかしい」と思っていた数々のこと

① 車を買いに付き合ってくれたのはいいけど、父ちゃんと母ちゃんの目を盗んで、勝手にディーラーに交渉してる。値引きしてくれって言ってるのかな?って思ったら「俺が紹介したんだから、マージン払え」って迫ってるw

② 夫婦で遊びに来ると言って、親戚一同連れてきちゃう。旦那さんのお兄さん夫婦とその子どもとか、わけわかんない。当然、うちで飯食って帰る。しかも、子どもの躾がかなり悪い。

③ 待ち合わせ場所に3日遅れてくるとか、もうインド人もびっくり。

そう、数々の「おや?」の正体が、この言葉と共にはっきりわかったんだ。
乞食根性なんだよな。
人間としてのプライドよりも、目先の1ドルが大切な人たち。
どんなに頭が良かろうと、どんなにお金を持とうと、絶対に上に行かれない人たち。

母ちゃん、サファイアガラスが割れた音は、天の声だったと思っとけ。
こういう人たちに付きまとわれると、もっと大きな被害に遭うかもしれないんだから。









皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2018年7月10日火曜日

がんばれ!NIPPON!


日本の集中豪雨による被害の実態が日に日に大きくなっていくのをおいらはとても心配してる。


父ちゃんと母ちゃんは先週の土日に、災害支援のボランティアで街頭募金に出掛けたんだ。
カナダは移民の国だから、どこかの国で災害があれば、その国にゆかりがある人を中心にあちこちで募金活動が展開されるんだ。
父ちゃんと母ちゃんは去年から新しい災害支援のボランティア団体に所属して、いろいろな国を応援してきたんだけど、今回は自分の国のことだから俄然張り切ってる。

災害支援のボランティアをやっていると、災害があった国がどれほど他国から好感や関心を持たれているかがよくわかる。
日本は貧しい国ではないのに、募金を集める必要なんてあるの?
なんて、質問を受けたりするんだけど、一方で
日本が車や電化製品を作れなくなったら、世界が困るからね。
日本に旅行した時に、日本人にとてもよくしてもらったしね。
自分の国で災害が起こった時、日本が真っ先に手を差し伸べてくれたことを忘れないよ。
そう言って、いろいろな国のたくさんの人たちが募金箱にお金を入れてくれるんだ。


よく日本の外交は『バラマキ外交』だって揶揄されるけど、海外に暮らしていると、その恩恵にあずかった人たちによくお礼を言われる。
へえー、日本はそんな国のこんなことを支援したのかーって、初めて知ることも多い。
災害大国の日本にとって、海外支援にお金を使うことは災害時の保険みたいな側面もあるのかもしれないな。
日本の経済状態も決して良くはないから、他国を助ける前に自国を救えっていう議論もあることはおいらも知ってるし、それはそれで正論なんだろうと思う。
ただ、おいらが言いたいのは、災害に見舞われた時、こんなにたくさんの外国人が「助けたい」って思ってくれる国はそうそうないんじゃないかっていうことだ。

母ちゃんなんて、嬉しくて目から汁がこぼれてたぜ。










皆さんの1ポチが励みです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
当ブログはリンクフリーですが、無断転載および無断利用を固くお断りします。
All copyrights 2017 are reserved in Asunaro Taro


にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。