2017年5月13日土曜日

危険回避訓練 信号では必ず止まる


おいらの家は割とのどかなエリアにあるんだけど、のどかなエリアほど車のスピードは上がるし、ドライバーさんも油断してあまり周りを見ていなかったりするんだ。
しかもおいらの家は大きなハイウェイの近くにあって、ドッグランに行くにはそのハイウェイを横切らなくちゃならない。
その信号そばでおいらは1度車に轢かれかけたことがあるんだ。

→ あわや!

以来、おいらは散歩の度に信号待ちの訓練をしているんだ。

信号がついているところでは、歩行者用の音声がしゃべらない限り、絶対に渡ってはいけないんだ。
おいらにとってはすごくつまらない訓練なんだけど、おいらが何かの拍子に1人で外に出ちゃった時や、散歩の途中で首輪やリードが切れちゃったりした時でも安全に家に帰ることができるようにっていう訓練なんだってさ。


これは『ツイテ』の訓練に一見似ているんだけど、『ツイテ』は常に父ちゃんか母ちゃんと一緒の時のコマンドだよな。
『ツイテ』っていうのは、父ちゃん母ちゃんが太ももを叩いて『ツイテ』と言うと、おいらたちは父ちゃん母ちゃんの横にぴったりくっついて、たとえ人混みでもすいすい一緒に歩ける訓練のこと。
人と犬がはぐれないようにという意味もある、常に人と犬が一緒にいることが前提になる訓練なんだ。
一方、危険回避訓練はたとえ人とはぐれてしまっても、人間が作った社会の危険から身を守ることができるようにする訓練のこと。
人が一緒でない時でも守ることが前提だから、人の声でコマンドは出さない。
周囲の音を聞き分けて判断して行動するんだ。

車が近くに来たら、止まって通り過ぎるのを待つ。
信号は人と一緒でない限り絶対に渡らない。

かなり、難しい訓練なんだけど、毎日毎日やらされてるお陰で、おいらは車が半径10m以内に近づいてくると必ず止まって、時には座って通り過ぎるのを待つことができるようなったんだ。
住宅街の小さな道でおいらが座って車が行き過ぎるのを待っていると、わざわざ車から降りておいらを撫でてくれる人もいる。
すごく有難いんだけど、車が近くに止まっているから、おいらはずっと直立不動。

「直立不動 フリー画像」の画像検索結果

結構疲れるんだ(´・ω・`)









当ブログはリンクフリーですが、無断コピー及び転載を固くお断りします。



現在日本では約8000人の方々が盲導犬のアテンドを待っておられます。けれども盲導犬の数はわずか1000頭ほど。目のご不自由な方々の未来と、人間のために全人生をかけて尽くしてくれる犬たちのために私たちにできることがここにあります。皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。なお、このバナーによる当ブログへの収益は全額日本盲導犬協会に寄付されます。


皆さんの1ポチが励みです。

ペット(犬) ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿