2017年6月21日水曜日

仕返しなんかじゃないよ~ペットたちが伝えたい10のこと その3


今日もBCSPCAの『10 Things Your Pets Wish They Could Tell You』(ペットたちが伝えたい10のこと)から面白い事実を教えちゃうよ!


全国の父ちゃんと母ちゃんは、おいらたち犬や猫が家の中でわざと粗相をしたり、ゴミの中に突進したり、いわゆる『やらかしちゃった』時、仕返しされてるのか?って考えたことはないか?

実は全然違うんだ。

普段はやらかさない、人間にとって不都合なおいらたちの所業。
そこにはいろんな理由があるんだ。

例えば、家の中に見知らぬ人の臭いを感知したとするだろ。
おいらたちは、「あれ?確かここはおいらの縄張りだったよな?」って再確認しようとするんだ。一番手っ取り早い方法が、見知らぬ臭いを自分の排泄物でマスクすることなんだよな。
あとね、食事や生活のリズムが変わったり、お客さんが来たり、一緒に暮らしていた他の動物や飼い主がいなくなったりすると、本能的にこういうことをやらかしちゃうんだ。
悪気なんかないし怒っているわけでもないんだよな。

「また、不安や心配事があったり、体調がよくない時にもこういうことをする場合があります。突然、動物たちが普段と違うことをするようになったら獣医に相談してください。」ってBCSPCA動物健康担当の上級マネージャー、エミリア・ゴードン博士も言ってるよ。



おいらたち犬は汚いゴミの中にわざと突っ込んでいくことがあるんだけど、これはすごく退屈しているとか、欲求不満を発散させたいっていうサインなんだ。
雨が続いて十分な運動ができなかった時、おいらも畑の肥料の缶に頭を突っ込んだことがある。
そういう時はまずは一緒に遊んでくれないかな?
そして、ゴミやゴミ箱はおいらたちの手の届かないところに置いておいてくれ。

おいらたちは人間の言語でしゃべることができないから、行動で示すしかないんだ。
怒ってるとか、仕返ししてるなんてことじゃないんだよな。
もし、おいらたちが父ちゃんと母ちゃんにとって不都合なことをしちゃったら、叱る前に一呼吸おいて理由を察してくれたらこんなに嬉しいことはないんだけどな・・・。




*BCSPCA AnimalSense『10 Things Your Pets Wish They Could Tell You』より一部引用



当ブログはリンクフリーですが、無断コピー及び転載を固くお断りします。



現在日本では約8000人の方々が盲導犬のアテンドを待っておられます。けれども盲導犬の数はわずか1000頭ほど。目のご不自由な方々の未来と、人間のために全人生をかけて尽くしてくれる犬たちのために私たちにできることがここにあります。皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。なお、このバナーによる当ブログへの収益は全額日本盲導犬協会に寄付されます。


皆さんの1ポチが励みです。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ



にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿