2017年6月25日日曜日

小さいからって~ペットたちが伝えたい10のこと その7


カナダのSPCAは犬や猫だけでなく、ハムスターから馬まで、野生でない動物全てを保護し、里親を探してくれているんだ。
母ちゃんのお友達は5エーカーの敷地内に馬3頭、エミュー1頭、孔雀50羽以上、犬1頭、猫1匹を飼っている。全てSPCAから引き取ってきた動物たちなんだ。孔雀はね、数年前につがいで引き取ってきたんだけど、年々増えてこんな数になっちゃったんだ。
因みにエミューっていうのはこういうのだ。


犬のおいらが書くブログだから、基本犬のことばっかりなんだけど、この「ペットたちが伝えたい10のこと」はBCSPCAが編集した動物全般についてのアドバイスだから、猫ちゃんや他のいろんな動物たちが出てくるよ。

ってな訳で、今日はちっちゃな動物特集だ。

どれくらいちっちゃいかって言うと、うさぎとか、モルモット、ねずみ、ハムスターくらいの大きさの動物ね。
こういう動物たちって、1日中何かしら、かじかじ、かじかじしてるだろ。常に歯が成長してるから噛まずにはいられないんだよな。
家の中で放し飼いにしておくと何でも齧っちゃうから、通常は専用のかごに入れてかじかじしてもいいおもちゃや木、りんごや人参なんかを与えておくんだ。
ところがね、こいつらがあんまり小さいからって、靴箱くらいの大きさの箱の中で飼う人もいるんだ。おいらが言ってる靴箱っていうのは下駄箱のことじゃなくて、こういう箱のこと。


いくら体が小さいからって、こういうのはねーよなー。
小さい動物っていうのは動きがすばしっこいから、運動不足にならないためには実は結構なスペースを必要とするんだ。
モルモットで最低、縦横65cm×65cm、高さ30cmは用意してほしい。
そして当たり前だけど、箱に全く光や空気が入らないなんて構造はダメだぞ。

ま、こんな感じだと幸せだよな。


BCSPCAは犬猫はもちろん、モルモットから馬まで、飼い方のガイドラインをオンラインで教えてくれてるんだ。英語版だけど無料だから参考にしてもらえると有難いな。

→ BCSPCA Pet Care & Behaviour




*BCSPCA AnimalSense『10 Things Your Pets Wish They Could Tell You』より一部引用



当ブログはリンクフリーですが、無断コピー及び転載を固くお断りします。



現在日本では約8000人の方々が盲導犬のアテンドを待っておられます。けれども盲導犬の数はわずか1000頭ほど。目のご不自由な方々の未来と、人間のために全人生をかけて尽くしてくれる犬たちのために私たちにできることがここにあります。皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。なお、このバナーによる当ブログへの収益は全額日本盲導犬協会に寄付されます。


皆さんの1ポチが励みです。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ



にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿