2017年6月23日金曜日

猫が粗相をする時は~ペットたちが伝えたい10のこと その5


今日もBCSPCAの『10 Things Your Pets Wish They Could Tell You』(ペットたちが伝えたい10のこと)から、特に猫ちゃんに関することだよ。


いつも決まったトイレで用を足している猫ちゃんが、ある日突然トイレ以外の場所に粗相するようになったら・・・

絶対に怒ったり叱ったりしちゃダメだよ。
おいらと一緒にこの間勉強しただろ?
どこかに理由があるはずなんだ。

→ 仕返しなんかじゃないよ~ペットたちが伝えたい10のこと その3

まずは、トイレが汚れていないか、トイレに敷いてあるシートが上下がひっくり返ってビニール面が上になっていないか、トイレやシートが小さすぎないかを確認してほしいんだ。シートをこういう猫砂に変えるのも手だよな。


あと、猫ちゃんたちがその場所が何らかの理由で気に入らないとか、排泄物の臭いがついちゃっているから嫌だっていう場合もあるんだって。
おいらたち犬はその辺のこだわりが少ないんだけど、おいらたちの中にも神経質な奴もいて、そういう犬が室内のトイレで粗相をするようになったら、まずは同じように疑ってほしい。

で、それだけだったらいいんだけど・・・
「胃腸、膀胱、腎臓の病気、寄生虫、感染症や何らかの炎症、栄養吸収障害や食物アレルギーなどが原因で粗相する場合があります。シニア猫の場合だと、関節炎が進行していてトイレまで行けなかったり、行けてもちゃんと座れなかったりすることもあるんです。また、不安やストレスが溜まっているとトイレを使わなくなります。」ってBCSPCA動物健康担当の上級マネージャー、エミリア・ゴードン博士が言ってる。

「まずはトイレを清潔にしてください。排泄物は毎日小まめに取ってあげてください。1週間に1度は酵素が入った洗浄剤で完全にトイレを洗ってあげるようにするといいでしょう。トイレは1匹に付き1つのトイレを用意しましょう。多頭飼いの場合は頭数プラス1個の少し大きめのトイレを用意して、それを時々移動させます。いつものトイレではなく、プラス1個の方を使ったら、そこが猫ちゃんにとって快適なトイレの場所ということになります。トイレ自体に潜む問題を解決してそれでも粗相をするようなら、早めに獣医さんに診てもらってください。」ってトイレのお手入れや場所決めについてもゴードン博士は教えてくれてる。

猫ちゃんって本当にデリケートなんだな。


おいらは家の中にトイレを持っていないんだ。
必ず、庭に出てする。
家の中の決まった場所でトイレする習慣がついてないんだ。
まだ2歳のおいらは寝ている間は8時間くらい我慢できるけど、おいらだって年を取ったらそうはいかなくなるだろうな。その時は、ケージの中においら専用のトイレを置いてくれるかな、母ちゃん?
その時はやっぱり小まめに洗って、いつもきれいなシートを敷いてくれよな。



*BCSPCA AnimalSense『10 Things Your Pets Wish They Could Tell You』より一部引用



当ブログはリンクフリーですが、無断コピー及び転載を固くお断りします。



現在日本では約8000人の方々が盲導犬のアテンドを待っておられます。けれども盲導犬の数はわずか1000頭ほど。目のご不自由な方々の未来と、人間のために全人生をかけて尽くしてくれる犬たちのために私たちにできることがここにあります。皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。なお、このバナーによる当ブログへの収益は全額日本盲導犬協会に寄付されます。


皆さんの1ポチが励みです。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ



にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿