2017年7月27日木曜日

いい子の秘訣


昨日父ちゃんと母ちゃんは、おいらをのけ者にして、おいらの美重子おばちゃんとランチしてきやがった。


いつも、美重子おばちゃんは父ちゃんと母ちゃんにお役立ち情報をたくさんくれるんだけど、美重子おばちゃんのワンコのポリー君とおいらの気性がすごく似てるから、総体的な話ばかりするドッグトレーナーより、美重子おばちゃんからのピンポイントアドバイスの方がずっとおいらにとっては有難いんだ。

その美重子おばちゃんとはたまにしか会えないんだけど、おいらのブログを毎日読んでくれているから、おいらがどういう風に成長しているかちゃんとわかってるんだ。

「タローちゃん、いい子になったわねー。」

美味しいお寿司をつまみながら、おばちゃんはそう言ったに違いない。

美重子おばちゃんが言ういい子っていうのは、何でも言うこと聞く機械のような犬のことじゃなくて、その家に馴染んでのびのびとした、でも人間との生活のルールを覚えた子のことを言うんだ。


おいらが父ちゃんと母ちゃんの子になったばかりの頃、誰もがおいらのことを「ヤバイんじゃないの?」って言った。
極限状態で救出されたテンパった犬に慣れているSPCAの現場の人たちでさえ、おいらのことを「Mr. Trouble」って呼んでた。
人間が『こういう犬だけは遠慮したい』っていう要素を、健康面を除いたらオールインワンで全部持っていたし、常に人間の上に立つことばかり考えてたんだ。


そんな百獣の王だったおいらが、こんなにおとなしくなった理由は、特別なしつけでも、体罰でもない。一言で言うなら『安心』だった。

毎日、充分な飯が食える安心
毎日、充分な運動ができる安心
毎日、人間の中で安全に暮らせる安心
毎日、『命』として愛され、尊重される安心

そんな安心感が身に染みるまでにおいらは半年くらいかかったけど、今ではおいらを「デカイ」と言う人はいても、「ヤバイ」と言う人はいなくなったんだ。
顔つきも穏やかな風貌に変わってきた。


安心感がないから、自分で何とかしようとおいらたちは思っちゃうんだ。
十分に与えられれば、足るを知るおいらたちはそれ以上を求めない。必要以上の欲がないんだよ。

ま、いわゆる平和ボケ。
それが、いい子ってやつだ。






当ブログはリンクフリーですが、無断コピー及び転載を固くお断りします。



現在日本では約8000人の方々が盲導犬のアテンドを待っておられます。けれども盲導犬の数はわずか1000頭ほど。目のご不自由な方々の未来と、人間のために全人生をかけて尽くしてくれる犬たちのために私たちにできることがここにあります。皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。なお、このバナーによる当ブログへの収益は全額日本盲導犬協会に寄付されます。


皆さんの1ポチが励みです。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ



にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

2 件のコメント:

  1. こんにちは❗
    5月に初コメントさせて頂いたジョイ母といいます。ジョイが虹の橋を渡って早いもので4ヶ月半が過ぎました。寂しさと喪失感との闘いは未だ続いていますし、ジョイとの7年間がどれだけ楽しくて幸せだったかを思い知らされています。

    「4つの安心」を読んで強く強く共感しましたのでコメントさせて頂きました。
    様々な問題行動が原因で捨てられる犬が多いと聞いていますが、この4つの安心感がある環境で育てられたなら大きく減るのではないかと思えます。更には人間の子供にとっても然りではないかとも思いました💦

    毎日楽しみにしています。
    タロ-君は幸せだね🎵
    失礼しました。

    返信削除
  2. ジョイ母さま

    コメントありがとうございます。

    お辛いこととお察しいたします。私も日々タローに振り回されながらも、前の犬のことを思うといろいろなことがこみ上げてきますもの。

    人間に捨てられたり、虐待された犬に従順を迫っても、それは無理な話だと思いますよね。
    危機感ゆえの問題行動なので、安心させることによってその危機感をほぐして取り除いてあげれば、徐々に心を開いてくれるのではないかと思います。力づくで服従を迫れば、それは逆に不信感につながるかもしれません。犬も感情が豊かな動物ですから、その点は人間ときっと同じなのではないかと思うのです。

    犬を傷つけるのも人間、救ってあげられるのも人間。救ったつもりが、いつの間にかこちらが救われていることに気付かされる毎日です。
    共感していただき、とても嬉しく思います。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします(^^♪

    返信削除