2017年7月8日土曜日

他人の犬を預かる時は


バンクーバーは夏たけなわ。
おいらは毎日暑くてかなわない。
周りの家は皆さんバカンスに出掛けて、ご近所はガラガラ。
こういう時は泥棒さんたちの出番が多くなるから、街の治安が悪くなる季節でもあるんだ。
おいらたち犬の有難味がぐぐっと急上昇する時期でもあるな。

価格:500円
(2017/7/7 17:02時点)
感想(585件)


おいらの近所に1歳になる豆柴を飼っているおうちがあってさ、そこの旦那さんから電話があったんだ。

うちの犬を1ヶ月預かってくれないか?

父ちゃんと母ちゃんは悩んだ。
命を預かるって大変なことだよな。
それにそんなによく知っているっていうわけでもない仲。
いろんなことが頭を駆け巡って即答できないでいたら、その旦那さんが言ったんだ。

邪魔だったらクレートの中に入れておいてくれたらいいから。
そのまま7、8時間は入れっ放しで全然大丈夫だから。

この時点でおいらの父ちゃんの答えは決まっていた。
母ちゃんの答えは実は1年前から決まっていた。


このおうちは旦那さんと息子がカナダに住んで、奥さんは本国で仕事しながらカナダと本国を行ったり来たりしてるんだ。
1年前、息子が犬を飼いたいって言ったら、この旦那さんは奥さんがいない間に何の相談もせずに豆柴を買ってきちゃった。カナダに戻ってきた奥さんは激怒。旦那さんは犬と奥さんを連れて我が家に突然やってきて、犬がいかにいい動物か奥さんを説得してもらおうとしたんだ。

おいおいおいおい、それは他人の役目じゃないだろ?
って、母ちゃんの心の声がおいらにも聞こえた。

ところがおいらの父ちゃんはあんまり空気が読めない人。
先方の思惑とは裏腹に、犬を飼うにはどんな覚悟が必要か、どんな準備をしなければならないか、飯や病院や保険がどれくらいかかるか、熱弁をふるって説明してあげたんだw

犬を飼う人たちの常識って様々だし、犬だってみんな同じってわけじゃない。
その飼い主と犬の双方が満足であればいいけれど、家族全員の了解がないまま迎えられたり、人間の都合で7、8時間狭いクレートに入れられて「全然大丈夫」って思われている犬は不憫だなっておいらの父ちゃんと母ちゃんは思う。
正直、預かってあげたいなって思っちゃう。


けど、おいらの父ちゃんと母ちゃんには決め事がいくつかあって、そのうちの1つに『常識が違う人と約束事をしない』っていうのがあるんだ。
予定通りに物事が行かなかったり、問題が起こったりした時に、常識が違うと話し合いで解決できないだろ?

それで、父ちゃんが断ろうとしたらこう言われたんだ。


お金払ってもいいから


この言い方って卑怯だよな。
何も言わなきゃ払わない。って意味だろ?
お金くれって言わせたいのか?
お金なんか取ろうと思っていない相手にとってすごく不快な言葉だよな。

でも、この一言が父ちゃんを解放してくれたんだ。


だったら、ペットホテルに預けたら?
うちに預けるよりずっと安いよ。


でもね、おいらの父ちゃんと母ちゃんはこの豆柴の様子を遠くから見てようと思ってる。
なんでかって?
おいらも生後4ヶ月の時、前の飼い主の都合でマンションの1室に1週間閉じ込められて衰弱しているところを救助されただろ。
あの豆柴が同じようなことになったら大変だもんな。





当ブログはリンクフリーですが、無断コピー及び転載を固くお断りします。



現在日本では約8000人の方々が盲導犬のアテンドを待っておられます。けれども盲導犬の数はわずか1000頭ほど。目のご不自由な方々の未来と、人間のために全人生をかけて尽くしてくれる犬たちのために私たちにできることがここにあります。皆さんのご理解とご協力に感謝いたします。なお、このバナーによる当ブログへの収益は全額日本盲導犬協会に寄付されます。


皆さんの1ポチが励みです。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ



にほんブログ村 ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼ ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿